今でも全部手書きの年賀状で送った方から大好評

今は年賀状はパソコンやプリンターなどを使って自宅でも簡単に作成することができますが、私は今でも全て手書きしています。出が気が珍しくなった現在では、全て手書きの年賀状は以前よりも送った相手の方に喜んでもらえるようになっています。

もちろん時間も手間もかかってしまいますが、送った相手の方が喜んでいただけるのを想像しながら書いているので私も楽しい気分で書くことができています。また手書きのいいところは相手の方へのメッセージを簡単に、その方に合わせて書けるところです。文字のサイズやデザインなどをその都度変えるので、送った相手の方に読みやすく大好評です。

今は久々に会った方でも挨拶だけでなく、年賀状を話題に出していただいて話を盛り上げることができています。それも今は手書きする人が減り、私のような年賀状が珍しくなってしまったのだと実感しています。

しかし手書きが珍しくなったからこそ新年の挨拶に心を込めて書いているのが伝わるようにもなりました。時間や手間をかけて少し人と違うことをすることで、自分の気持ちがより伝えられるので私はこれからも全て手書きしていきたいと思います。またご好評いただいているので頑張りたいです。

年賀状を作った思い出

私は毎年年賀状を送っていますが、独身の頃は、既存の年賀状に少し言葉を付け加える程度のものでした。しかし、今は子供が二人産まれて、毎年子供の写真を添えて送っています。毎年一枚多めに作成して、思い出として取ってあります。

並べて見てると、ちょうど一年毎の子供の成長が見て分かり、とても良い気持ちになります。子供の写真を年賀状として送ることにより、友達や親戚からも、連絡をいただき、とても可愛いと言ってくれるので、とても気持ちが良いものです。年賀状はその時送るものとしてだけではなく、自分用に取っておくことにより、とても良い思い出となります。今年も子供の写真を年賀状として送るつもりであり、今では、友達や親戚からも今年も送ってねと言われますので、可愛い写真を撮るのに必死です。

妻も年賀状を取っておくことにより、毎年の成長が分かるので、とても嬉しいと言ってくれています。年賀状は新年のお祝いを送る大切なものとなっていますので、一番大切な人の写真付き年賀状を送ることにより、誰もが幸せになっていくと思います。私は独身の頃は、年賀状を送るのが面倒でたまりませんでしたが、今では作成することを毎年楽しみにしています。年賀状は日本の本当に素晴らしい文化です。

ポムポムプリン年賀状

年賀状を送ることは大切なことです

年賀状は新年のお祝いを送るのに、とても大切なことです。年賀状があることにより、普段はなかなか連絡が取れない、親戚や友人などとも連絡を取れるきっかけを作ることが出来るのです。年賀状がなければ、関係が終わったしまうということも、中にはあるでしょう。また、仕事の上司や同僚にも送るべきです。

送ると送らないのでは、人としての、評価も変わりますし、何よりも一緒にら新年をお祝いしたいという気持ちが伝わります。年賀状を送る時の注意点として、相手方が喪中の場合は避けなければなりません。喪中と分からずに送ってしまったら、すぐに連絡を取り、喪中と知らなかったことを謝りましょう。

知らずに送ってしまっても、失礼な行為になってしまいますので、事前に把握しなければなりません。年賀状は、家族写真や子供の写真を添えて送ることも出来ます。その為に、しっかり家族や子供が元気に過ごしており、成長をしていることを相手方にしっかりと分かってもらえるという利点もあります。

今はラインやメールなどで、あけましておめでとうをいう方もいらっしゃいますが、やはり、自分の手で書いた年賀状というものは、心がこもっていますので、出来る限り年賀状を送ることをお勧めします。

ぐんまちゃん年賀状 2018

年賀状を利用して家族の成長を報告

私の年賀状は毎年決まったデザインにしています。そのデザインとは上に自宅前で毎年撮影する家族写真を張り付けているというものです。今は自宅でも簡単に年賀状を作成することができるので気軽に送ることができています。

子供の成長や両親の様子なども写真からも伝えることができるのでとても便利です。特になかなか会うことができない人には新年の挨拶もかねて紹介しています。そのため遠い親戚などにかなり評判です。年賀状は基本的に毎年出すものなので一年に一回近況を報告するのにも利用しています。手紙やハガキを送ることは今は滅多にないので写真を送ることはなかなかないのですが、年賀状は毎年出すものなので気兼ねなく家族写真を送ることができています。

年賀状の下の部分には手書きのメッセージを送る相手に合わせて書くことができるので自宅で自分で作っています。自分でデザインを決めているのでメッセージを書くスペースも考えなくていいということもあり簡単に作成することができます。デザインは毎年同じでも、写真やメッセージ、色合いは違うので毎年違う雰囲気の年賀状を送ることができています。毎年年賀状のデザインなどに悩む方には、とてもオススメです。